「石灰沈着性腱板炎」は鍼灸指圧では治りません

石灰沈着性腱板炎はリン酸カルシウムの結晶が腱板内に沈着することによって生じ、結晶が硬化するに連れて痛みが強くなってきます。患部には炎症による熱感があります。

整形外科の単純レントゲン撮影で石灰の存在を確認できますが、超音波エコーを使って石灰の有る場所を画像で確認しながらステロイド注射を行うと注射針が石灰の在る場所にバッチリが当たるので、確実に石灰を溶かすことが出来ます。

要するに超音波エコーを上手に使いこなせる整形外科医を受診することが大切です。

石灰が無くなった後でしたら鍼灸指圧マッサージ治療をお受け出来ます。

腱板:石灰沈着性腱板炎が生じる部位

レントゲン単純撮影では石灰がこのように映ります

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

042-526-0766
診療時間
月〜金:10:00〜20:00
(受付19:00まで)
土・祝:10:00〜18:00
(受付17:00まで)
休診日
日曜日(他に臨時休診日有り)

ご予約・お問合せ

メールでのお問合せは、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合せはお気軽に
042-526-0766

サイドメニュー

ごあいさつ

岡本 雅聖

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。