お気軽にお問合せください

042-526-0766
診療時間
月〜金:10:00〜21:00(受付20:00まで)
土・祝:10:00〜20:00(受付19:00まで)
休診日
  日曜日(他に臨時休診日有り)

花粉症を緩和させる鍼灸治療

花粉症はシーズン中の定期的な鍼灸治療によって薬を飲まなくても鼻水や目のかゆみが楽な状態まで持っていけます。

花粉症による鼻水(アレルギー性鼻炎)への鍼灸治療

ホスピターレでは、以前は鼻の両脇にあるツボに鍼をしてその鍼に低周波を流していましたが、治療直後、鼻水がおさまってスッキリするのですが、時間の経過と共にまた鼻水が垂れてしまうといったことから、治療法を見直し、効果が持続する独自の治療法を編み出しました。

花粉症による鼻水は鍼灸が効果的

即効的に鼻水を止めて鼻の通りを楽にする鍼灸治療

鼻粘膜に血液が流れ込むことによって鼻水が出てきます。

花粉症の鼻水を抑えるツボをインターネットで検索すると

迎香(げいこう)」というツボがよく紹介されますが、効果が不充分であったために研究を重ねました。

鼻粘膜は三叉神経第1枝に支配されているので、三叉神経第1枝が支配する或る部分を刺激すれば、交感神経を緊張させ、反射的に鼻粘膜の血管収縮を引き起こすので、鼻が通り、鼻水が止まります。

しかし刺激を止めると時間の経過と共に、鼻水が垂れてきます。そこで効果を持続させるためにシール型の鍼を貼ってあげると効果が持続し、それを続けることが鼻粘膜に良い影響を与え、花粉症による鼻炎を楽にすることがわかりました。ただしシールを貼る箇所が1mmでもずれると効果は現れませんのでプロの鍼灸師に任せることが大切です。

 

シール型の鍼で固定しているのですが、しゃべったり、ご飯を食べて顔の筋肉を動かすことによってシールの位置が微妙にずれてきます。このツボはとても小さいツボで、刺激する部位がが1mmでもずれると効果がなくなりますので、経験豊富なプロが定期的に貼り替える必要があります。

花粉症による目のかゆみ(アレルギー性結膜炎)への鍼灸治療

花粉症による目のかゆみを持つ方はは花粉症をもつ方の80%にも上ると言われております。点眼薬を用いる方法もありますが、薬をずっと使い続けるのに抵抗のある方、薬が飲めない妊婦、授乳中の女性などには鍼灸によって目のかゆみを緩和させる方法があります。

目のかゆみを止めるツボをぜひお試しください。

即効的に目のかゆみを楽にする鍼灸治療

目の症状に使う代表的なツボの1つに『風池(ふうち)』という名のツボがありますが、鍼を刺している間や指圧マッサージをしている間は目が楽になっても、時間の経過と共にまた症状が現れてしまいます。『風池(ふうち)』というツボが持つ効果を持続させるために、シール型の鍼を貼ろうにもこの場所には髪の毛が生えていて、シールを貼ることができません。

そこで当鍼灸院では、髪の毛の生えていない場所で目のかゆみを即効的に止めるツボにシール型の鍼をはることによって効果を持続させることに成功致しました。

 

 

花粉症をお持ちの方は以下のコースにて治療致します。

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

042-526-0766
診療時間
月〜金:10:00〜21:00
(受付20:00まで)
土・祝:10:00〜20:00
(受付19:00まで)
休診日
日曜日(他に臨時休診日有り)

ご予約・お問合せ

メールでのお問合せは、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合せはお気軽に
042-526-0766

サイドメニュー

ごあいさつ

岡本 雅聖

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。