お気軽にお問合せください

042-526-0766
診療時間
月〜金:10:00〜21:00(受付20:00まで)
土・祝:10:00〜20:00(受付19:00まで)
休診日
  日曜日(他に臨時休診日有り)

妊婦や逆子の治療・産後のケア

妊婦(マタニティ)治療

無事赤ちゃんが生まれますように

妊娠初期のつわりや、不育症の予防、その他、お腹が大きくなるにつれて現れる肩こりや腰痛、恥骨痛、胃の不快感、逆子(さかご)の問題、さらに妊娠後期のムクミや妊婦にまつわるマイナートラブルは数知れません。それなのに残念ながら、つらい症状があっても病院などで「妊娠しているから検査も出来ないし、薬も出せません」と言われてしまうこともあります。

 

藁(わら)をつかむ思いで、鍼灸やマッサージその他整体やリラクゼーションなどを頼っても、妊娠を理由に施術(せじゅつ)を拒否されて冷たくあしらわれたり、マッサージも擦る(さする)だけなら請け負うという所が多いという困った現状があります。

 

当治療室では「薬が飲めない妊婦さんにこそ東洋医学がお役に立ちます!」をモットーに妊娠中の様々なトラブルに対処しており、実際に産婦人科に勤務する看護師さんから患者の皆様の紹介を受けるケースが多々あります。

妊婦治療の方法

鍼灸

うつ伏せの姿勢は妊婦さんのお腹を圧迫してしまうので、横向きにして背中側の鍼灸を行います。抱き枕を抱えて頂きながら鍼灸を受けていただくことができますのでリラックスできます。

指圧マッサージ

腰痛の妊婦さんの腰を指圧しているシーンです。肘とひざを密着させることによってテコの原理を使いながら、妊婦さんの上半身を揺らさないように工夫しながら、腰の深部にまで圧が届くよう指圧しております。

この際、工夫するためのテクニックを身につけていない指圧師は妊婦さんの上半身を揺らしてしまうため、圧が逃げてしまい、患者さんからすると欲求不満な指圧マッサージになってしまいます。横向きの患者さんの上半身を揺らしてしまう指圧師は技術が未熟だと思ってください。

鍼灸+指圧マッサージ

鍼灸の良いところと指圧マッサージの良いところをミックスした贅沢で大変効果的な治療法です。

中身の濃い施術をぜひ一度お試しください。

産後のケア

産後、なるべく早く鍼灸や指圧マッサージで体力を養って育児に臨みましょう

出産で痛めた体を放置すると産後のひだちが悪くなり、虚弱体質になってしまったり、将来的に更年期障害が強く出てしまう可能性があります。

出産後は出来るだけ早いうちにお体のお手入れをしましょう!

母乳がにじまないよう、うつ伏せにはせず、体を横向きにして背中側の治療を行います。

鍼灸

うつ伏せの姿勢は出産後のママの母乳が滲み出てしまう可能性があるので、横向きにして背中側の鍼灸を行います。抱き枕を抱えて頂きながら鍼灸を受けていただくことができますのでリラックスできます。

指圧マッサージ

産後の腰痛の患者さまを指圧しているシーンです(イメージ)。肘とひざを密着させることによってテコの原理を使いながら、妊婦さんの上半身を揺らさないように工夫しながら、腰の深部にまで圧が届くよう指圧しております。

この際、工夫するためのテクニックを身につけていない指圧師は妊婦さんの上半身を揺らしてしまうため、圧が逃げてしまい、患者さんからすると欲求不満な指圧マッサージになってしまいます。横向きの患者さんの上半身を揺らしてしまう指圧師は技術が未熟だと思ってください。

鍼灸+指圧マッサージ

鍼灸の良いところと指圧マッサージの良いところをミックスした贅沢で大変効果的な治療法です。

中身の濃い施術をぜひ一度お試しください。

逆子(逆児)治療

逆子について

逆子に有効な「至陰(しいん)」というツボへのお灸

逆子(専門用語では「骨盤位」)の状態で出産を迎える割合は全出産の3~5%位と言われております。

逆子の状態で自然分娩する場合には、通常の出産より胎盤が先に剥がれてしまうリスクが高い為、リスク回避の為に帝王切開を行う医師が殆どだと聞きます。

妊娠満28週前後の検診で逆子だと診断されることが多く、その時点で、担当医から「逆子体操」を行うよう指示されることが多いようです。

逆子体操で頭位(赤ちゃんの頭が子宮口に向いてる状態)になれば良いのですが、逆子体操での矯正率(頭位になる確率)は大体30%台位。

体操を行うとお腹が張ってしまう方もおりますし、やりすぎて出血した・・・という事例も聞きます。

そんなことから、逆子体操はしないで放置しておきなさいという医師もいるようです。

逆子の鍼灸治療では、内くるぶしの上方にある「三陰交」(サンインコウ)と小指の爪の生え際の外側の「至陰」(シイン)というツボにお灸をしますが、これを満28週時点で行うと90%近い方が、頭位になる←Medical Tribune社による報告はこちらから)のです。

なぜ逆子が直るのか

何故、頭位になるのかは科学的に明らかにされてはおりませんが、逆子の鍼灸治療を行うと「足の冷え・むくみ・お腹の張りが改善」し、また「胎動が活発」になるという現象が殆どの妊婦で見られ、いつの間にか子宮の中で回転しているようです。

私自身の臨床経験では、初診時妊娠満28~33週の妊婦は殆どの方が頭位になりますが、満34週を過ぎた当たりから、効果が落ちてくる妊婦もいるな・・・と感じることがあります。

36~38週で回った方もおりますが、少数派です。

40週0日で回った方は、1人だけおりますが、極めて稀な例ではないでしょうか?

ですので、当治療室では「出来たら満36週迄、それが不可能なら最低限満33週迄は治療に通って下さい」と妊婦さんを励ましております。

ホスピターレの逆子治療について

「至陰」へのお灸

三陰交」(サンインコウ)は、内くるぶしの上で脛骨と呼ばれるスネの骨の際を、人差し指から小指まで4本分上に上がった所にあるツボです。

東洋医学では婦人科系の疾患に広く用います。

 

至陰」(シイン)

足の小指の爪の生え際の外側にあるツボ。

自律神経の調整に使うこともあります。

出産時に逆子の状態(骨盤位)であれば帝王切開すれば良いだけのこと・・・という考えもありますが、勿論、無事、出産することが何よりも大切なのは確かです。

しかし、逆子であると通常の妊婦よりも破水のリスクが高くなり、そして胎盤が剥がれやすくなるとのこと。

胎盤が剥がれれば、胎児の命に関わります。

一刻も早く病院で帝王切開すれば良いのですが、「妊婦のたらい回し」が問題となっている昨今、安心は出来ません。

また、お腹にメスを入れれば1ヶ月は身体がシンドイものです。

このような体調で夜中も2~3時間おきに授乳するのは大変なことです。

逆子が治れば妊婦さんに様々なメリットをもたらすので、特に産科的な問題が無い限りは逆子の鍼灸治療を積極的にオススメ致します。

料金表

正規料金表(税込)
鍼灸40分・60分 ¥4,880・¥6,980
指圧マッサージ45分・60分・90分 ¥6,480・¥9,720
鍼灸+指圧マッサージ60分・90分・120分 ¥6,980・¥9,980・¥12,960
逆子治療 ¥2,160

・初回は割引クーポンをご利用ください(逆子治療を除く)。 → 割引クーポンはこちらから

・2回目以降は予約やポイントによる割引の適用があります。詳細はポイントカードをお読みください(逆子治療を除く)。

・クレジットカード払いの場合は正規料金としポイントも発行しません。クレジットカード会社より付与されるポイントやマイルをお楽しみくださいませ。

 

・ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

その他のおすすめメニューのご紹介

美容鍼(美顔鍼)

薬品を使いませんので、妊娠中または出産後で授乳中の方でも安心して綺麗になれます。お化粧を落とす必要がないのでお手軽です。

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

042-526-0766
診療時間
月〜金:10:00〜21:00
(受付20:00まで)
土・祝:10:00〜20:00
(受付19:00まで)
休診日
日曜日(他に臨時休診日有り)

ご予約・お問合せ

メールでのお問合せは、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合せはお気軽に
042-526-0766

ごあいさつ

岡本 雅聖

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。