お気軽にお問合せください

042-526-0766
診療時間
月〜金:10:00〜21:00(受付20:00まで)
土・祝:10:00〜20:00(受付19:00まで)
休診日
  日曜日(他に臨時休診日有り)

頭痛

頭痛は痛みを起こしている場所によって治療法が変わります

後頭部の頭痛(=後頭神経痛)

パソコン作業などにより、頭を支えきれなくなった首の筋肉が硬くなった状態で後頭神経を圧迫するので後頭部で頭痛が生じています。

後頭部の筋肉をほぐさないと後頭神経痛は治りません。

後頭部の頭痛への鍼灸指圧マッサージ治療

こういったタイプの頭痛は、鎮痛剤を飲んでも症状が治まりません。なぜなら、鎮痛剤は硬くなった筋肉をゆるめることはできないからです。

「天柱(てんちゅう)」「上天柱」というツボに鍼や指圧マッサージを行って、硬くなった後頭部の筋肉をほぐすことによって頭痛がその場でスッキリ解消いたします。

★おススメのコース★

症例のご紹介

立川市 鈴木さま

薬を飲んでも後頭部の頭痛が取れないので、友人の勧めもあって、ホスピターレさんで鍼をしてもらったら、その場で頭痛が取れました。鍼って魔法みたいです!

側頭部やこめかみの頭痛(=片頭痛・偏頭痛)

片頭痛(片頭痛)は頭の片側時には両側がズキンズキンと脈を打つように起きる頭痛です。

4~72時間続きます。鎮痛剤は効かないので片頭痛(偏頭痛)専用の薬が有効です。

片頭痛(偏頭痛)に鎮痛剤は効きません

片頭痛(偏頭痛)への鍼灸治療

こういったタイプの頭痛は、指圧やマッサージのみの治療ではほとんど効果がないのですが、鍼は即効的に効く場合が多くございます。

 

★おススメのコース★

目の奥が痛む頭痛

緑内障などの眼科疾患が疑われる場合には当然眼科へ行くべきですが、眼精疲労や頚のコリが原因となっておこる目の奥の痛みには鍼灸や指圧マッサージが有効です。

目の奥の痛みには鍼が即効的に効きます

大後頭神経三叉神経症候群への鍼灸治療

後頭部に痛みがある場合、目の奥の痛みや目の疲れを同時に自覚することがあり、これを大後頭神経三叉神経症候群と呼びます。

 

三叉神経のうち、目に関連した神経線維と、首と頭の境目あたりにある神経線維(第1・第2頚神経)は脊髄上部で同じ神経細胞にリンクしており、後頭神経の興奮(後頭部痛・項部痛)が三叉神経の第1枝(眼神経)に伝わって、前頭部および眼窩への関連痛症状(目の奥の痛みなど)を引き起こします。

 

こういったタイプの頭痛は、指圧やマッサージで効果が不充分な場合、鍼を行うほうが効果が高いのです。

★おススメのコース★

頭痛におススメのメニューのご紹介

鍼灸

・後頭部の頭痛

・片頭痛(偏頭痛)

・頭全体が締め付けられる頭痛

・目の奥が痛む頭痛

鍼灸+指圧マッサージ

・後頭部の頭痛

・片頭痛(偏頭痛)

・頭全体が締め付けられる頭痛

・目の奥が痛む頭痛

指圧マッサージ

・後頭部の頭痛

・頭全体が締め付けられる頭痛

・目の奥が痛む頭痛

ご予約・お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せはこちら

042-526-0766
診療時間
月〜金:10:00〜21:00
(受付20:00まで)
土・祝:10:00〜20:00
(受付19:00まで)
休診日
日曜日(他に臨時休診日有り)

ご予約・お問合せ

メールでのお問合せは、24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

お問合せはお気軽に
042-526-0766

ごあいさつ

岡本 雅聖

親切・丁寧な対応をモットーとしておりますのでお気軽にご相談ください。